■来場者数■
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

徳之島釣行 3日目


大興奮の船釣りから一夜明け、今日はレンタカーを借りて徳之島を観光する日車ダッシュ
徳之島観光ガイドマップを片手に島1週を観光してきましたにこっ
観光場所の説明文は徳之島観光ガイドマップ「とくの島っぷ」より抜粋。

まずは、ホテルからほど近いムシロ瀬という花崗岩がムシロのように敷き詰められた海岸。
花崗岩は南国では珍しいそうです。

次に向かったのがソテツトンネル。
道の両サイドにソテツが生い茂りトンネルのようになった場所です。
ソテツ自体が本州ではあまり見ないので、ちょっと珍しいですね~にこっ
途中、貝殻などでアクセサリーや風鈴などを手作りし、販売しているお店などがありました。
それからソテツトンネルを抜け、右に進むととても景色のいい展望台がにぱっ

その後、現在の天皇陛下が、皇太子時代に美智子妃殿下と散策されたことから名づけられた「畦(あぜち)プリンスビーチ」。
エメラルドグリーンに輝くとてもきれいな砂浜でした。

次に第46代横綱・朝潮太郎記念像を見て、昼食タイム。
徳之島で一番大きな繁華街である亀津のら~めん亭「福ちゃん」焦がしニンニク黒つけ麺半チャーハンセットを食べてみました。
すると、つけダレに入った分厚いチャーシューをはじめとして、マー油カナ!?と思われる味がしっかりと麺とからみ、とても美味しかったですぽわわ

お腹が膨れた後は、戦艦大和の慰霊塔が建立されている「犬田布岬」を見てから、季節風や荒波によって浸食され、メガネのようにくり抜かれた犬の門蓋という断崖を観光し、終了。
徳之島はかなり大きな島のため、観光しながら1周するとほぼ1日かかりましたが、とくの島っぷに掲載されている観光地は綺麗なトイレが整備され、カメラを置く台も設置されている所が多かったです。
特に犬田布岬では、カメラをセットするネジ+角度を変えることの出来る雲台のような物があったので、誰にも頼まず自分たちだけの写真を撮ることが出来ます。
このアイデアは、普段からカメラをよくう使う人の意見が反映されているんじゃないかと思いましたね~。
細かい心遣いが嬉しかった観光の1日でしたぽわわ

明日は防波堤釣り。
いっぱい釣れるよう頑張りますグー

| http://angelmoukokai.hustle.ne.jp/cgi-bin/weblogn/index.php?e=1497 |
| 釣り | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
徳之島釣行 2日目


今日はこの徳之島釣行のメインイベントである1日船釣りをする日グー
6時半頃、船長にホテルに迎えに来て頂き、徳之島空港北側の港からいざ出陣ですダッシュ

台風5号の余韻によるうねりがあり、2mほど波がある中での出向だったので少し船酔いぎみでしたが、
トラベルミン1のおかげで何とか酔わずにすみ、ジギングやタイラバなどの釣法で南の魚を狙いました音符
すると、タイラバを落としてすぐに大きな当たりが!!
急いでリールを巻き始めたんですが、巻けども巻けども糸が出ていく一方で、全然巻けません汗
過去にこんな激しい当たりをしたことがなかったので、どうしたらいいかもよく分からず、ただがむしゃらに巻いていると急に軽くなり、ファイト終了...。
針が外れて元気に逃げて行ってしまったようですしくしく
これを釣り上げてたらたぶん私の釣り経験の中で一番の大物になっていたやろうと思うととても残念ですが、釣りの難しさも改めて認識したのでしたあうっ

その後も水深50m前後の場所では、得意のタイラバ釣法がさく裂し、ユカタハタタマンシロダイアカハタと様々な魚を釣ることが出来ましたオッケー
中でもシロダイはかなりいい引きで楽しかったですぽわわ

残念ながら何十キロもある大物を釣ることは出来ませんでしたが、普段本土では見ることのない魚をたくさん釣ることが出来て終日楽しい釣りでしたオッケー
釣った魚は、ホテルで捌いて頂き、こんな感じにこっ
どの身がどの魚か分かりませんが、全部とても美味しかったですぽわわ

今日は、本土でやっているタイラバ釣法は南西諸島でも通用することが分かってとても楽しい1日となったのでした音符

| http://angelmoukokai.hustle.ne.jp/cgi-bin/weblogn/index.php?e=1496 |
| 釣り | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
徳之島釣行 1日目


今日はいよいよ徳之島へと旅立つ日。
8時頃にホテルを出て、鹿児島空港へと移動し、いざ徳之島へダッシュ
徳之島空港へはプロペラ機でのフライトということで、とても小さい飛行機でしたが、生まれて初めてタラップを使って飛行機に乗り込むという体験が出来たのが嬉しかったですぽわわ

約1時間という短いフライトでしたが、機内サービスでは奄美地方の名物である黒糖を頂きましたぽわわ
ただ、飛行機がよく揺れてちょっと怖かったです汗
それでも、乗った時と同様にタラップを利用するため、飛行機の写真を間近で撮ることが出来て嬉しかったですオッケー
徳之島空港へ入り、預けた荷物が出てくる場所へと向かうと、とてもおしゃれな雰囲気のターンテーブルが出迎えてくれ、南国に来た気分を存分に味合わせてくれたのでしたlove
ちなみに私のスーツケースは「HEAVY」19kgのタグが付けられていました汗
行きからこれだと先行きがちょっと不安ですはうー
空港からは、明日お世話になる釣り船の船長さんがホテルまで送って下さいました車ダッシュ

今回泊まるのはホテルサンセットリゾートというところ。
コテージのような部屋がたくさんあるホテルでリゾート気分を満喫することができますオッケー
飛行機が遅れたため、ホテルに着いたのが13時を過ぎていましたが、まずはホテルのレストランで昼食です。
色々なメニューがありましたが、せっかくなので海の近くというこで、海鮮丼を注文。
それからしばらくして運ばれてきたのがこちら
900円とリーズナブルにも関わらずボリューム満点で特にタコが美味しかったです音符

その後、ホテルの前にあるプライベートビーチ&岩場を散策してみると、潮だまりに青い魚を発見!
南国感溢れるカラフルな魚にテンションが上がったのでしたにこっ
写真では分かりにくいのですが、カニまで所々青っぽい色をしていました。

夕食は、またもや明日お世話になる船長がお好み焼き「純」という所まで送って下さいましたにこっ
ここでは、イカキビナゴタコと、唐揚げ系をたくさん注文したんですが、特にタコはとても柔らかく美味しかったですぽわわ
鳥の唐揚げも、ポン酢系のジュレがかかり、さっぱりとして唐揚げ好きの私も満足な味でしたオッケー

明日はいよいよ船釣り。
どんな大物と巡り会えるか楽しみですぽわわ

| http://angelmoukokai.hustle.ne.jp/cgi-bin/weblogn/index.php?e=1495 |
| 釣り | 10:16 PM | comments (0) | trackback (0) |
3年に一度の大遠征♪


明日からいよいよお盆休みが始まりますlove
今年のお盆は6連休の私音符
しかも、会社の釣り仲間と遠征釣行用という名目で積み立てている貯金も3年間で10万円を少し超えたということで、このお盆の期間を利用して遠征釣行することが決定したのですにこっ
3年前に石垣島へ行って以来の遠征釣行というわけで(過去ログ参照)、計画を立て始めた1年前からとても楽しみにしていましたぽわわ

今回の遠征先は、何と徳之島
それってどこ?と思われた方は、徳之島町の公式HPをご覧下さい。
鹿児島まで新幹線で行って前泊して、翌朝鹿児島空港から飛行機で行くルートを選択した私は、仕事を終えるとすぐに家に帰り、岡山駅から九州新幹線「みずほ」に乗って時速300km近い速度で鹿児島中央駅へダッシュ
途中、車内販売でひとときの至福を味わいながら、3時間の乗車を楽しんだのでしたぽわわ
鹿児島中央駅に着くと、私が愛して止まない「島美人」という焼酎の看板があったので、撮ってみました。
ホテルにチェックインする頃には0時近くになっていましたが、無事にその日のうちにたどり着くことが出来てよかったですオッケー

今回の遠征では、
絶対釣るぞ!しん!!


巨 5 - 2 神

| http://angelmoukokai.hustle.ne.jp/cgi-bin/weblogn/index.php?e=1494 |
| 釣り | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
キス釣り


この間食べたキス(過去ログ参照)が美味しかったので、今日もまた今が旬の美味しいキスを求めて鳥取へ釣りに行ってきました車ダッシュ
今回も前回と同様、賀露港の耐震岸壁の向かいにある防波堤で投げ釣り開始グー
すると、すぐに竿に当たりが...音符
ゆっくりと巻いてくると、狙い通りのシロギスでしたぽわわ

その後、貝が釣れたので引っかかったのかと思って中身をみてみると、とても可愛いイイダコが貝から飛び出してきましたにぱっ
どうやらこのイイダコがエサを食べて、住み家としている貝殻に戻ったようです。
とても小さかったので食べるのは忍びないと思いつつ、タコやイカ好きな私は、ぜひとも食べたいと思い持って帰ることにしました。

前回同様に鯛の稚魚やヒイラギハゼの猛攻に遭いながらも、お昼頃までにキス12匹を釣り上げることが出来ましたオッケー

無事にキスをゲットすることが出来たので、お昼に納竿し、かろいち(公式HP)へと立ち寄ると、これまた今が旬の岩ガキ売られていましたので、1個1,200円の岩ガキを3つ買って帰りましたにかっ
と、いうのは冗談で、買ったのは3個で1,000円(画像中央右)の売られている中でも一番小ぶりな岩ガキですにひひ

生で食べることが出来るいうことだったので、家に帰って早速1個を生で食べてみました。
すると、噛んだ瞬間、口の中でジュワーと磯の香りが広がり、とても濃厚なミルクのような味でしたが、生物特有の磯臭さもかなりありました。
残る2つは焼いて食べたんですが、普通の牡蠣より身が大きい分、食べてる感はこの岩ガキの方がありますが、いつも食べてる坂越のカキに比べると少し、磯味が濃い気がします。
食レポが下手すぎて申し訳ございませんm(__)m
ただ、そもそも私は牡蠣を生で食べたのは、オーストラリアで食べた1回だけなので岩ガキを生で食べた感想を言えるほどの知識を持ち合わせていないことに気づきました汗
牡蠣通の人は、どっちが好みなんでしょうねにかっ

鳥取に行かれた方はぜひ、ご賞味下さ~いにこっ


中 2 - 4 神 (ナゴヤD)

| http://angelmoukokai.hustle.ne.jp/cgi-bin/weblogn/index.php?e=1482 |
| 釣り | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑